スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【不定期】ジムキャノンを作る~頭部編・最終回【ミキシング】

 こんばんは。

師走です。忙しいです。
しかし、忙しいなんて言ってられません。
仕事もプライベートも一杯です!

さて、いよいよ「ジムキャノンを作る」も今回で最終回となります。
やはり、最後は「顔」です。
なんたらは顔が命…なんて言いますよね。

男も顔じゃないですが、IKEMENがモテるのは紛う方無き事実です。

しかし、その顔はジムのままで、ジムキャノンの後ろについてる、恐らくセンサーなどがある部分をHGUCへ移植します。


GMC_H01.jpg
まず、耳の丸い部分を削り落とします。

GMC_H02.jpg
GMC_H03.jpg
MSVから丁寧に切り離します。

GMC_H04.jpg
切り離しただけではセンサー部が幅広なので切り離しついでに幅つめします。
*大体、HGUCと同等の幅で

GMC_H05.jpg
そして…エポキシパテにて移植いたします。
今回使ったパテは「エポパ・高密度」です。硬いのでエッジを出すのに最適です。
もちろん他のエポキシパテでもOK!

ここで、形状を成型するのに使うのが『タミヤの調色スティック』と『ラッカー用うすめ液』です。
うすめ液を使うを若干効果スピードが遅くなりますが、表面を均したりするのに重宝します。調色スティックにつけてペタペタと。


GMC_H06.jpg
成型→硬化が済んで、MSVの丸い耳とアンテナ(僕は基部のみ使います)をつけました。
細かい所はもう少しツメないといけませんが、これでOKです♪


GMC_H07.jpg
GMC_H08.jpg
胴体に付けるとこんな感じ。
『みんな大好き!ジムキャノン!!』

さて、ツヨさんよりリクエストのあった、HGUCジムのレンズ部の後ハメです。

GMH01.jpg
まず、赤い点線より切り離します。
切り離した部分は、トサカのセンサー用です。


GMH02.jpg
そして、メイン部。斜線部分は不要なので切り飛ばします。


はい。これでOK。
試しに、接着していない頭部にはめてみましょう。

いけましたか?



さて、えらく長い間やってきましたが、如何でしたでしょうか?
仮の話しになりますが、HGUCジムキャノンが出ちゃうと、この工程は不要になります。
でも、この工程には工作(ミキシング)する楽しさ、またこれをきっかけに他のMSをミキシングする楽しさが出てくるかと思います。
非常に荒い工作でしたが、参考にして頂ければ幸いかと思います。





ほな、また。

つД`)

スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/144 HGUC ガンプラ ガンダム ジムキャノン ミキシング

2010-12-11 : ジムキャノンを作る : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【不定期】ジムキャノンを作る~きゃのん基部!!後背編【ミキシング】

 不定期ジムキャノンを作る。
いよいよ、後半戦です。

今回は、大砲加工と背部です。













GM_uk01.jpg
まず、MSVからランドセルを持ってきて、切除する部分を調整します。

GM_uk02.jpg
エッチングソーなどを使い切除&成形します。

GM_uk03.jpg
こんな感じ。
色々足らない部分はありますが、個々で切り方など違うでしょうから、ここでは工程を省きます。
各自で盛ったり、貼ったりしましょう。

GM_uk06.jpg
GM_uk07.jpg
次に大砲を加工します。
今回はポリのランナーを使い、大砲の後ハメ加工をします。
隙間を何でも良いので、埋めて、T字のポリランナーが入る様に加工しましょう。
ちなみに、軟いので拡径する時はドリルなどは禁止です。
丸棒やすりで拡げていきましょう。
他にも、関節技などのBJをつかったり、大砲基部をC字に切り欠く後ハメ加工も有効です。
ちなみに、過去の作品は全て後者の方法で行ってます。


GM_uk04.jpg
GM_uk05.jpg
基部の加工です。
MSVの基部を使います。
下の画像は干渉するピンなどを切り飛ばした物です。
大砲を接続するには、基部にプラサポなどを埋めこんで先ほどのポリランナーを差し込めばOK


GM_uk08.jpg
こんな感じで出来上がります。
肩周辺は、プラ板やらディテールアップパーツでデコデコしましょう。
ソレっぽく見せるが勝ち。













で、次回は…






いよいよ、最終回です。











「あれ?塗装は?」









ジムキャノンは沢山カラーリングがあるので、塗装は各自でお願いします。






最終回は頭部周りです。
*エポキシパテなどパテ類の御用意を。

お楽しみに♪


ヽ(´ー`)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/144 HGUC ガンプラ ガンダム ジムキャノン ミキシング

2010-07-09 : ジムキャノンを作る : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【不定期】ジムキャノンを作る~きゃのん基部!!【ミキシング】

 おまんたせ致しました。

不定期連載・ジムキャノンを作る。

今回はキャノン基部・前をお送りします。


まず、MSVジムキャノンのキャノン基部を切り出しておきます。
*割らない、折らない様に気をつけて切り離して下さい。

GMCK01.jpg
こんな感じ。

そして、黒い斜線部分を切り離します。これも慎重に切り離して下さい。

GMCK02.jpg
切り離した切り口周辺は綺麗に表面処理をしておきます。
*後でやると結構大変だったりする。

GMCK03.jpg
MSV基部+HGUCジムを仮に合わせてます。
ここで、基部を前に出すか、それとも反対側のダクトと同じ位置にするかは好みなので、この時点で決めておきます。
*僕は若干前に出てる方がカッコイイと思う(カスタム機っぽい)のでこの位置です。

GMCK04.jpg
現物合わせで、切った・削ったしたら、ガッチリ固定する作業です。
固定は、まず瞬着で点付けし、固定します。
そのあと、画像の様にアルテ粉をまぶし、その上から硬化後硬くなる瞬着を流します。
これをしておくとガッチリくっ付きます。
注)この作業は危険です。身体に害が及んでも当方は責任を負いません。
↑なぜかと申しますと、反応の際、反応熱と共に煙があがる可能性があり、それを吸い込むことによる害が懸念されます。

結構デンジャラスでしょ?
良い子はマネしないで、普通に瞬着使って固定しましょう。

GMCK05.jpg
GMCK06.jpg
こんな感じになります。

GMCK07.jpg
次回はキャノン基部・後&ランドセル
です。
不定期ですが次回もよろしく。


オマケ
~その後のGガンダム
gg
完成しない感じがプンプンするでぇ~

ヽ(´ー`)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/144 HGUC ガンプラ ガンダム ジムキャノン ミキシング ゴッドガンダム

2010-05-28 : ジムキャノンを作る : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

【不定期】ジムキャノンを作る~股間ブロック!【ミキシング】

こんにちは…少しゲスなタイトルでスミマセン。

さて、GMキャノンの特徴といえば、キャノンの他にも足、そして股間ブロックだと思います。

今回はその股間ブロックを仕上げていきます。













BlogP1010113.jpg
BlogP1010114.jpg
MSVジムキャノンの股間ブロックのみを切り取ります。
*ちなみに肩のキャノン部分も使いますので、捨てないように。

実のところ、この状態で接着してもなんら問題は有りません。隙間を何かで埋めれば良い訳ですから。
しかし、やはり大事な部分。出来ればちゃんと成型したいですよね。


BlogP1010116.jpg
と、いうわけで、パテを使い、隙間を埋めます。
まず、GMのフロントスカートにメンソレータムなどを離形剤代わりに使います。
*薄手のセロテープでも可

BlogP1010117.jpg
今回は軽量エポキシパテを使いました。
*使いやすいパテで良いかと思います。
やり方として適量を盛り「ムギュ」と押し付けます。
因みに位置は好みでOKだと思うので、設定など見ながら位置を調節しましょう。
僕は画像の位置が形を付けやすいのでこの位置です。

BlogP1010137.jpg
硬化ご成型したのがコレ。
離形剤を塗布してるので、フロントスカートから離して成型出来るかと思います。


BlogP1010139.jpg
BlogP1010140.jpg
すでに型が取られているので、不要かと思いますが、軸を作り、より強固な接着をします。
穴を開ける時はこの様に開けると、位置がズレないで開けれます。


gm_c03.jpg
順番で作ってるのでこんな感じですが、頭の部分も今回と同じような方法を取るので、慣れたら同時にやっちゃいましょう♪


次回は肩のキャノン基部をGMに移植します(予定)。

では、また。

ヽ(´ー`)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/144 HGUC ガンプラ ガンダム ジムキャノン ミキシング

2010-04-18 : ジムキャノンを作る : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【不定期】ジムキャノンを作る~足関節その2【ミキシング】

さっ!
テンションを無理矢理上げていきます。

とりあえず、今日は目の調子がいいので、GMキャノンやっちゃいます!
*本当は昨日書きたかったんですが、入れ替えました。

前回に続いて足の第2弾。
今度は膝です。

BlogP1110161.jpg
キットの膝部分のピンを「受け」として使う方法と、完全に切り飛ばし、軸を新造するパターンがあります。
HGUCジムのPC「F」を使う場合は前者が良いです。
*ちなみに、ver1.0と2.0(単に一作目と二作目)は前者の方法でやってます。
今回画像はないですが、一応説明しますと、
1)まず、PCの幅を計ります。
2)PCの幅を計算に入れ、ピンを切り飛ばします。
3)PC「F」の軸径と同じピンバイスで貫通しない様に彫っていきます。
4)PCを受けれる位に彫れたら終了。
*瞬着で太らすかしないと、完成後緩くなります。

とこんな感じなんですが、僕は3.0から軸を新造する方が気に入ってますので、画像説明はこちらでいきます。

BlogP1110163.jpg
まずは「受け」から。
これはプラサポを加工しての画像
出っ張りをエッチングノコできれいに落とします。
実は使うプラサポによって形状が違うため、使うプラサポによって切り落とす部分を間違えないように。
物によって、長い部分を切り落とす方が良い場合もあるので、注意してください。
*この出っ張りは他のキットで「受け」を新造するのに使えたりするので、取って置きましょう。

BlogP1110166.jpg
これはエバーグリーンのプラパイプで作った受け。
キットの膝に穴が開いているのがお解かりいただけると思います。
この穴はリーマーで丁寧に開けた穴です。

BlogP1110164.jpg
プラサポですが、はめた状態です。
このままだと、真横から見た際受けが丸見えなのでコトブキヤなどの丸いディテールアップパーツで塞ぎましょう。

BlogP1110162.jpg
過去作の比較です。
*見えない所は意外ときちゃないのよ。

BlogP1110167.jpg
付けたらこんな感じです。
一応、先ほどの膝の受け部分にコトブキヤのパーツが付いてるのがお解かりいただけるかと思います。

膝が干渉して足が真っ直ぐ伸びない場合は削ったりすれば真っ直ぐにできます。
MSVジムキャノンパーツ側を削るのが一番手軽でしょう。

如何でしょうか。
ご質問はお受けいたしますので、コメにでもどうぞ。

足も終わり、次回は個性が現れる「股間」です。




あ、前スカートと言った方がいいのかな?

えーっと、次回はパテ使います。
ポリパテかエポキシパテ(オススメはWAVEかエポパ)がオススメ。

では、また。
ヽ(´ー`)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/144 HGUC ガンプラ ガンダム ジムキャノン ミキシング

2010-03-10 : ジムキャノンを作る : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

ぷろふぃーる

かづひろ

Author:かづひろ
ガンプラを中心にスケールもやります。



が!
最近は情熱もそれほど無く、低空飛行です。

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

来てくれた方々

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。