スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【模型は】WAVE 1/20 A.F.S Mk2【キャンバスですか?】

 こんばんは。

蜜柑(ミカン)って高級なフルーツですよね。
この前買ったミカンの1個あたり計算したら40円でした。

これを「高っ」と一瞬思った僕はビンボー人ですね。

まぁ、超甘くて美味しかったですけど。
ありがとう有田みかん。












さて、今回も更新しないとゴミ扱いされるので、サラサラっと更新です。




以前の記事で作ったAFSが完成しました。
*晒したの1年前だった…月日の経つのはえ~





では、どうぞ。














afs01_20111217002830.jpg
シリコンバリヤーを塗るアノ方法を使いました。

afs02_20111217002829.jpg
今回、初めて『タバコライオン』を使いました。
え?ヤニ落としの磨き砂(ウチのばぁちゃんはこう言ってた)を模型に?



afs03_20111217002829.jpg
はい。
塗料に混ぜて筆でガンガン塗ります。
ツヤが落ちます。

afs04_20111217002828.jpg
ホント、適当にです。
別にディスってるワケではないですが、よくモデラーさんで「てきとーに塗って」と書かれてる事があります。

あれ、絶対ウソですからね。信じちゃダメ。
テキトーに塗って、あんな素晴しい物出来るワケないじゃないですか。

afs05.jpg
ちゃんと、影になる部分は下地(大体はマホガニーを使う)を溶かしつつ、暗い色になるように塗ってるんですよね。
あと、光が当たるテッペンなんかは黄色系の色を使って明るくしたり。
腕に覚えのある方は脳で考えなくても、腕が自然に動くんです。


------------------------------
人、それをテキトーと言う…

「誰だキサマは!」

キサマらに名乗る名前などない!トゥー!天空宙心拳・旋風蹴り!!
-------------------------------


先にも書きましたが、タバコライオンでツヤ落としたり。

ね?テキトーじゃないでしょ?

真のテキトーとは僕みたいなのを言うんです。
何も考えない。






afs06.jpg
あ、中の人はテキトーではないです。
僕なりに頑張りました。


afs08.jpg
何人?
と聞かれると困るんですが、色白な方にしてみました。


afs07.jpg
フィギュア塗るの楽しいですよ♪

今回は肌色をエアブラシで塗装。目、光の当たる部分などを塗った後、クリアーで保護。
乾燥の後、エナメルのレッドブラウンでスミ入れ…というか、影入れしました。



レシピ
下地はメタリックグレー→クリアーでコート

白:ホワイト+機体内部色

赤:下地にピンク→シリコンバリアー→赤

乾燥ののち、硬いもの、荒めのペーパーなどでガンガンはがしていく!!
最後にウォッシングして完成。

*補足*
赤い部分は白→シリコンバリア塗った後に、ピンク→赤と塗ります。
こうする事で赤を剥がした時、自然に退色した感じが出るんです。
上手い方はこんな回りくどい方法は取らないみたいです。
僕なりの手抜き。


別にMakじゃなくても、ゴッグでもズゴックでもザクでもOK!
筆塗りも楽しいよ。



ほな、また。

(つ´∀`)つ

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : Ma.k マシーネン AFS

2011-12-23 : Ma.K : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

初心者が教えるMa.Kの作り方~最終回~

 こんばんは。

タイトルからして「はぁ?」と言われそうな、そんな感じの

かづひろです。

バカでしょ。
しかも、始まったのに「最終回」

たぶん、ガンプラとか、スケモを作りなれた方なら楽勝で組めるキットなんです。

それが今回御紹介する

マシーネンクリーガー AFS Mk.II (1/20スケールプラスチック組み立てキット)マシーネンクリーガー AFS Mk.II (1/20スケールプラスチック組み立てキット)
()
Wave

商品詳細を見る

です。

実を言いますと、過去に一体作った事がありました。

lna.jpg
もうね、散々ですよ。
見てください、このガンプラ的に作ってなおかつ、本家っぽく筆塗りで仕上げたものだから、中途半端で酷いのなんのって。

だから、今回はリベンジではないですが、もう一度挑戦して、雰囲気を出せればいいかなと思って組みました。
とはいっても、本家はかなり自由にモデリングしてるので、僕も世界観は違うが「○○風」みたいな感じでいこうかと。

さて、このキットですが、実は

afs01.jpg
アンダーゲートなんです。
しかも、9割方こんな感じなので、白化は気にしなくていいのですが、適切に処理しないと隙間が開きますので注意。

afs02.jpg
組み立ては物凄く単純です。適切に合わせ目、パンティーパーティングラインを消して行きましょう。
*この時点でWAVEとかコトブキヤのディテールUpパーツを付けて遊んでみましょう。
関節はポリパーツで挟み込みなのでマスキングなどで塗るしかないです。
ポリパーツをC字に切り欠いて、後ハメもできますが、やめた方が賢いでしょう。


afs03.jpg
そのポリパーツですが、普通だと塗装が乗りません。
しかし、画像の「バンパープライマー」ポリ接着用瞬間接着剤に付属のプライマーなどで回避できます。
あと、ハセガワのマスキングゾルがいいらしいですが…


afs04.jpg
ソレを皿に移し、筆で塗ります。

あとは完成品に缶サフ吹くなり、溶きパテ塗るなりして、好きな色を重ねていきましょう。

なんでも、マシーネラーの方々は筆塗りで物凄く塗料を重ねるらしいです(皆ではないです)。
しかも、お酒を呑みながら。

僕もマミー飲みながら塗り重ねるんだ!


eb.jpg
海老川さんが旧ザクを作ってます…
もの凄く見たい。
以前、ミキシングでマインレイヤーを作ったみたいです。

ms05.jpg
僕も作った事ありました。すみません。



結論
マシーネンをがっつり作ってる方、モデリングが上手い方に共通してる事


















基本「絵が上手い

そう感じます。
鳥山明センセも絵はご存知の通り、模型も上手い。


あぁ、旧ザク作りたくなってきたなぁ

ほな、また。
ヽ(´ー`)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : Ma.K マシーネン AFS

2010-10-10 : Ma.K : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

ぷろふぃーる

かづひろ

Author:かづひろ
ガンプラを中心にスケールもやります。



が!
最近は情熱もそれほど無く、低空飛行です。

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

カテゴリ

来てくれた方々

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。